庭創作倶楽部HOME > お庭の用語集 > さ行 > 双子葉植物
お庭の用語集

双子葉植物(そうしようしょくぶつ)

種を蒔くと、最初に「双葉」が出る植物。花の咲く植物の8割以上はこの仲間である。一般に葉脈は網状。花弁、蕚片などは4枚か5枚またはその倍数のものが多いが、モクレン科のように花弁が6枚の物もある。以前は合弁花類と離弁花類に分けていたが、現在はあまり用いられていない。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

お問い合わせフォームへ

庭創作倶楽部とは

エリア内の施工店を探す 広島県

庭創作倶楽部 広島版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー