お庭の用語集

仮山(かさん)

日本庭園の古い呼称の一つ。鎌倉期から室町期にかけて盛んに使用された。枯山水、回遊式庭園の出現とともに発達し、庭園に立体的な美しさを加えるようになった。名山になぞらえたものや、四周の眺望を得るためのものもある。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

お問い合わせフォームへ

庭創作倶楽部とは

エリア内の施工店を探す 広島県

庭創作倶楽部 広島版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー