庭創作倶楽部HOME > お庭の用語集 > あ行 > 下り蹲踞
お庭の用語集

下り蹲踞(おりつくばい)

蹲踞形式の一種で、古田織部が少し大振りの手水鉢を用いたときに、穴を深く掘っておろして用いたのが始まりといわれている。つくばって使うように鉢を低く構え、左右に湯桶(ゆおけ)・灯火を置く湯桶石・手燭(てしよく)石を配し、使い手の乗る前石を据えるのが定式。茶室では心身の塵を払うものとして重視する。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

お問い合わせフォームへ

庭創作倶楽部とは

エリア内の施工店を探す 広島県

庭創作倶楽部 広島版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー