庭創作倶楽部HOME > メンテナンス事例 > 剪定 > マツのある枯山水、春の剪定(広島県呉市)
メンテナンス事例

マツのある枯山水、春の剪定(広島県呉市)

合資会社 グリーンマン

マツ・ウメ・ヤマモモ・ヒイラギ・ツバキといった重厚な庭木が植えられた枯山水のお庭です。

このお庭を年に一度のお手入れで維持、ということなので、ウメ・ツバキの花を考えて「春」をおすすめしました。

ビフォーアフター

他の木に比べ、伸び方の小さなサツキ類は、花を保ちながら整えるお手入れも可能です。

お客様にとって「一番気になる木」に照準を合わせたお手入れをご提案しています。

落葉樹のサルスベリ(写真左端)は,春に切っても夏にしっかりと花を咲かせてくれます。

剪定前のマツ。

こんもりと繁ったマツとも言えますが、重苦しい印象にも見えます。

年一度はハサミを入れたい庭木がマツです。

「幹肌を見せる」というのがマツの魅力の一つです。

また、下から見上げた時の「枝の流れ」もマツの美しさかも知れません。

施工店詳細ページへ

関連の施工実績

一覧へもどる

庭創作倶楽部とは

エリア内の施工店を探す 広島県

庭創作倶楽部 広島版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー